ぱっちりまつエクライフの注意点!

きれいに仕上がったまつエク!が、すぐ取れてテンション下げ下げ…そんな経験ありませんか?施術がよくなかったのかも…と落ち込む前に、日々のケアを振り返ってみましょう。もしかしたら、まつエクが儚く散った理由がわかるかもしれません。

まつエクを長持ちさせるコツは、主に次の4点です。

・摩擦を避ける
目元を擦るなどの刺激を与えると、まつげとエクステを接着しているグルーがはがれやすくなります。また、エクステをつけられた自まつげは、本来よりも負担がかかっている状態。そこでうっかり目を擦れば、自まつげが根元からポロリ…エクステも一緒にサヨナラ…!そんな悲劇を避けるために、まつエクをした目元は極力触らないようにしましょう。

・水気を残さない
エクステ部分は、水に強いナイロン素材でできています。が、それを支えるグルーは水分厳禁。水分がついた時はしっかり、優しくドライヤーで乾かしましょう。乾かす時に気を付けたいのは「ドライヤーは冷風で下から当てる」こと。ナイロン製のマツエクが熱で傷みやすいのはもちろん、自まつげや眼球、粘膜、お肌にも熱風は禁物です。冷風ならマツエクのカールもキープできるので、一石二鳥です。ただし、乾かしすぎもダメージにつながるため、まつエクの状態はこまめにチェックしましょう。

・メイク、クレンジングはオイルフリーで
グルーは油分にも弱いです。ウォータープルーフのような油分の含まれるマスカラは使わないのが一番ですが、どうしても使いたい場合は、エクステが接着している根元ではなく、先の方だけにつけるなど工夫が必要です。また、オイル系クレンジングの使用もご法度です!オイルでしか落とせないような濃いメイクは避け、お湯で落ちるコスメだけを使えば、つけたてのマツエクがごっそり落ちた…なんて事故も避けられます。

・ビューラーはカーラーではなくホットを
使わないのがベストですが、どうしてもビューラーを使いたい時は、ホットビューラーを使いましょう。物理的な負担をかけずに、カールさせることができます。ただし、「水気を残さない」の項でも述べた通り、熱も基本的にはタブーです。普段からカールを残すようケアして、できるだけ使わないよう心がけましょう。

まつエクも決して安いものではありません。日々のこまめなケアで、まつげにもお財布にも優しい、まつエクライフを送りましょう!!